〒113-0001 東京都文京区白山1-33-27 HDCビル1F
都営三田線「白山駅」A2出口より徒歩1分、東京メトロ南北線「本駒込駅」より徒歩4分

電話でのお問合せ・入れ歯相談予約

0120-835-327

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

「保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いは何ですか?」
「保険と自費で差がないから、保険の入れ歯で充分では?」

このような質問をよくいただくのですが、実は保険の入れ歯と自費の入れ歯には大きな大きな差があります…。

保険の入れ歯は「最低限」の医療

保険治療は、治療方法や治療に使う材料について国が決めた細かいルールがあります。

これは「最低限の医療」を安い費用で提供するという前提があるためで、この決められたルール以上の治療は行えません。

安いけど治療に制約がある

保険はあくまで「最低限の医療」であり、安いことと治療期間が短いことがメリットです。

でも「最低限の医療」ですから、治療には制約があります。見た目、噛みやすさ、入れ歯をお口に装着した時の違和感、残っている歯への負担、耐久性等については、残念ながら必ずしも最適な治療ではないのです。

保険では安いプラスチックしか使えない

特に素材面に保険の制約が顕著に現れます。「最低限の医療」である保険では、使えるのは安価なプラスチック素材だけ。

近年の技術進歩で、金属、シリコン、高品質プラスチック等、素晴らしい素材が色々と開発されているのですが、こうした素材を使って患者さまに最適な治療を提供することが、保険ではできないのです。

安価なプラスチックしか
使えない保険の入れ歯

保険の入れ歯との違い

それではここでもう少し具体的に両者の違いをみてみましょう。

  保険 自費の入れ歯
治療費

安い

高い

治療期間

短い

やや長い

使える素材

安価な素材

最新の素材

見た目

金具が目立つ

入れ歯と
分からない

外れやすさ

外れやすい

外れにくい

噛みやすさ

硬いものを
噛むのは難しい

硬いものも
噛みやすい

残っている
歯への影響

負担が大きく、将来の
抜歯リスクが高い

負担が少なく
残っている歯を守れる

▲左右に指でスクロールしてください

保険は安くて治療期間が短い

保険治療は、安価な素材を使うことと、治療の手間を最低限に絞り込むことで、安い治療費、短い治期間で「最低限の医療」を提供しています。

一方、自費治療の場合は、手間をかけた治療を行うことと、最新の素材を使うことで、患者さまにとって最適な治療を目指しています。そのためどうしても治療費が少し高くなりますし、治療期間もやや長くなってしまいます。

自費なら入れ歯と分からない

保険の部分入れ歯では、必ず金属製の金具がつきます。この金具が目立つのが、保険の入れ歯の難点の一つ。口を開いた途端に、金具がキラッと光って、周りの人にすぐに入れ歯とわかってしまいます。

一方、当院がおすすめする自費の入れ歯「ドイツ式テレスコープ義歯」は、残った歯にかぶせるタイプの入れ歯。外から見える部分に金具がありません。

そのため、他人に入れ歯とばれてしまうことがなく、安心して歯を見せて笑えるのです。

自費なら外れたり浮いたりしづらい

保険の入れ歯は残っている歯に金具を引っ掛けているだけなので、しっかりと固定されているわけではありません。そのため食事中や会話中に入れ歯が外れる、浮いてくる、といったことが起こりがち。

入れ歯が外れてしまわないようにあわてて口に手を当てて、周りの人に変な目で見られてしまう、なんてことになってしまうかも。

でも残っている歯にしっかり固定でき、歯ぐきにも密着させられる「ドイツ式テレスコープ義歯」なら、外れる、浮いてくるといったことは、ほとんどありません。

会食中に入れ歯が外れたらどうしよう…そんな心配をすることなく、安心してお食事を楽しんでください。

自費なら硬いものでも噛みやすい

また残っている歯に金具を引っ掛けているだけの保険の入れ歯では、硬いものを噛みしめようとすると、入れ歯がズレて思うように力を入れて噛めないことがあります。

その点、自費の「ドイツ式テレスコープ義歯」は、残っている歯に入れ歯をかぶせたり、裏側に特殊な留め具をつけて固定するため、力を入れて噛むことが可能。

タコのお刺身やたくあんも噛みやすいとご好評いただいています。

自費なら残っている歯を守れる

保険の入れ歯は、残っている歯を将来抜くリスクが高いと言われています。

というのも、保険の入れ歯は残っている歯に金具を引っ掛けているだけで、しっかりと固定されていません。ガタガタと上下左右に入れ歯が揺れやすいため、この揺れが金具を掛けている歯にも伝わり、噛むたびに大きな力で残った歯が揺さぶられて負担をかけることに…。

これが残っている歯を傷め、弱らせる原因になるため、近い将来、残っている歯を抜かなければいけなくなることも多いのです。

その点「ドイツ式テレスコープ義歯」は、残っている歯を包み込むようにして作られるため、保険の入れ歯のように負担をかけてしまうことがありません。

残った歯をやさしく守ってくれる入れ歯なのです。

自費なら「最良」を目指せる

自費の入れ歯には、保険治療のようなルールは存在しません。

お話ししてきたように、入れ歯と気づかれない入れ歯にすることもできますし、硬いものも噛める入れ歯や、外れにくい入れ歯にすることもできます。

さらに、残っている歯への負担も少ないため、将来の抜歯のリスクも低減できます。

保険の入れ歯が「最低限の医療」なら、自費の入れ歯は「最良の医療」を目指せる治療。

一緒に最良の入れ歯を目指していきませんか。

入れ歯相談を実施中

  • 保険と自費の違いをもっと知りたい
  • 前歯のブリッジが今にも取れそう…。なんとかなりませんか?
  • 歯を気にせず食事を楽しめるようになりたい

こんな悩みやご希望はありませんか?

当院では、60分ほどの時間をかけて、患者さまの入れ歯に関する悩みやご希望をお聞きする「入れ歯相談」(相談料:3,300円)を実施しています。

患者さまのお話をお聞きし、お口の中を拝見したうえで、おおまかな治療方針のご提案や、治療費の概算をご案内。

過去に手がけた症例の中から、患者さまに近い症例を選び、治療前・治療後の写真をお見せすることも可能です。写真をご覧いただくことで、治療イメージがしやすいと好評いただいています。

当院で施術した、ドイツ式入れ歯・テレスコープ義歯の症例を画像でご紹介します。

ブリッジが取れそう

噛めない

2012年 東京歯科大学 卒業
2013年 阪口歯科 勤務(三重県)
2015年 稲葉歯科医院 勤務(東京都)
 以降、毎年日本顎咬合学会にて症例発表
2019年 ドイツ ハイデルベルク大学
 単身ドイツにわたり本場のドイツ式入れ歯をはじめインプラント分野の研修を修了
2021年 このは歯科クリニック 開院

入れ歯治療をご検討中の方へ

他人にバレず、噛みやすいレジリエンツテレスコープ義歯

当院が得意とする入れ歯治療について掲載しています

治療費の分割方法やその仕組みを詳しく解説します

当院の入れ歯治療の種類と料金をお伝えします

入れ歯治療の流れについて、順を追ってご説明します

どなたでも通いやすい医院づくりを心がけています

患者さまへの想いや治療に対するこだわりを綴っています

当院へのアクセス方法や診療時間をご案内するページです

保険と自費の違いを徹底解説しています

当院で治療したドイツ式入れ歯の症例紹介

どうぞお気軽に
ご相談ください

  • 前歯のブリッジが取れそう
  • お口の中がボロボロ…
  • 歯を気にせず食事をしたい

初診でお口の中を診せていただきます。

診察時間は約60分、初診料は3,300円です。以下リンクよりご予約ください。

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00

─:休診日  :14:00~17:00